読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賃金なき戦い

ハードボイルド、イケメン書記

季節外れの歌合戦西成スナック代理戦争VSワシVS女子会死闘篇 第二夜

朝目覚めるとヒドい二日酔いだった、しかし現場には行かねばならない、サボリたかったが、根が真面目で品行方正で通っている俺にはそれは、無理な話だった。 今日1日耐え忍げば明日は祝日で休みだったので、ボロボロの体を騙し々し乗り切った。その日は直帰し自分への褒美の為に あほ定食を食べて帰って泥の様に眠る予定だった…。そう、すべては順調なはずだった…あの連絡が入るまでは。 
 連絡の内容は、今飲み屋で盛り上がってるから参戦せよ、との事で、そんな挑戦的に誘われると俺に流れるMの血と「いつ、何時誰の挑戦でも受ける」と言ったアントニオ猪木の名言 が俺の頭から後退のネジを外してしまった! そう、その挑戦から仕組まれていたのだ!指定された場所に行くと相手はすでに出来上がっていた(まるで巌流島決戦の時のマサ斉藤のようだった)とりあえず駆け付け三杯をアオった時に相手から宣戦布告を高らかに告げられた!「今から女子会のカラオケに参加せよ、場所は抑えてある!!なお拒否は認めない!」一方的だった。誰がこんな展開を予想出来たであろう!ルールはアニソンと80年代アイドルソング縛り!これはまさにデスマッチに違いなかった! 前日の後遺症(完全無欠のオカマバーのチーママ状態)満身創痍の俺は、土俵の鬼 貴乃花ならぬカラオケに鬼の形相で挑まねばならぬのだ!なぜなら相手は三人のアマゾネス、今年度最後の修羅場を迎え 俺は悲壮な覚悟の上 太ももの付け根にある一瞬の生をよみがえらす活殺孔を突く決意をした…一瞬の生の後には死(重度の二日酔い)しかない、だが飲み屋に行く時に死は覚悟していた。生きて虜囚の辱めを受けず、俺もまた健男児であり國士!ならば誇りと共に!活殺孔の為、三人の

 

アマゾネス・プリズン [DVD]

アマゾネス・プリズン [DVD]

 

 アマゾネス

と壮絶な死闘の果て(ただのカラオケ女子会)に誇りと共に散った! 
結局せっかくの貴重な休みを、一日中寝て過ごしてしまった! しばらくは、大人しく生活しようと思ったが、そうは問屋が卸さない! 新たなる強敵との戦いが迫っていた。To Be Continued
http://blog.with2.net/ping.php/1839577/1463048961