読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賃金なき戦い

ハードボイルド、イケメン書記

番外編伊勢路地地獄編

 

神の宮 伊勢神宮: 増浦行仁写真作品集

神の宮 伊勢神宮: 増浦行仁写真作品集

 

 

 

伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック

伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック

 

 

 

伊勢神宮: こころを照らす神々の都

伊勢神宮: こころを照らす神々の都

 

 


昼の11時半過ぎに近鉄特急は予定時刻通りに五十鈴川駅に滑り込んだ。
五十鈴川駅に到着すると、まるで俺を待ちわびる様に涙雨がぱらついていた。 ホッと一息入れる間もなく、待ち人達を捜せねばならないのだが、なんせ伊勢は18年前でソロでは初なもんで右も左もわからない! とりあえずTELをして場所を確認すると内宮らしい、ちょうどタイミングよく路線バスが滑り込んで来たので、それに飛びのり目的地を目指した! 内宮近辺に到着し再度TEL、平日とはいえ凄まじい参拝客まるで年末の上野アメ横か大阪黒門市場、ちょっとやそっとでは見つかるハズもなく先輩からの指令で大声での九九唱和、あまりの事にキチガイを見る目に俺の羞恥心は最高潮に達しある種のエクスタシーを感じ始めた頃、なんとか合流できた! さて内宮参拝と思いきや、先輩方はすでに参拝済みとの事。 仕方ないので橋の手前から遠距離参拝をして伊勢市駅に向かい昼食となった。すると外宮近くの牛丼にて食後に参拝すると思いきや、またしても参拝済み(怒)仕方ないので再度遠距離参拝をして名古屋経由で東京に戻られる先輩達を見送り大阪に帰る切符を購入しようとすると、なんと先輩からの切符のプレゼント嬉しさと感動で涙で前が見えなかった。 そこで良く確認すべきだった。切符の金額をみると難波への運賃ではなく名古屋への運賃だったのだ…
恐る恐る尋ねてみると当然名古屋まで来るんだよな!? (強制)だった。某ガキ大将のジャイ○ン以上のジャイアニズムでいざ名古屋に強制拉致される事となったわけだが、俺が伊勢に来る必要性は有ったのか💢 まさに伊勢路地獄旅

http://blog.with2.net/ping.php/1839577/1463048961