読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賃金なき戦い

ハードボイルド、イケメン書記

9面戦争 クソ地獄現場死闘篇

世間では卒業シーズンなのだろう、街中や電車内でハイカラさんの様な格好をした女子大生や卒業証書の筒や花束を抱えた学生達をよく目にする、最近の学生達の卒業ソングは一体何なのだろう?やはり仰げば尊しやホタルの光か?最近の歌はよく分からないが俺の中では卒業ソングとくれば 斉藤由貴

 

卒業

卒業

 

なのだ! 
自分の学生時分を、はしゃいだり・泣きながら抱き合っている彼らを見ると思い出してしまうが、人前で泣く奴にはロクな奴はいないので俺は虫酸が走る位に嫌いだ…しかし卒業の歌詞に「卒業式で泣かないと冷たい人と言われそう」とあるので今回は大目に見る事にした… 
 今回は前置きが長くなってしまったが、ここの所担当現地が増え過ぎて心身共に限界を感じ、現実逃避をしてしまう。卒業式ではないが泣きたい位だ、しかし三十路も半ば超えた野郎の涙なんて一文にもなりゃしない、大の男が泣くなんてみっともないが、男が泣いてる時は泣いてる場合じゃないから泣いてるのだ! 本当に洒落にならない、現在の俺が抱えている現場は、神戸三宮・神戸東灘・尼崎・西淀川・桜川・十三・玉造・京都宇治・和歌山の現在9現場… しかも全部工期も予算もない…アヤが付いた現場ばかり俺に回しやがる部長の野郎には、そろそろ復讐しなけりゃ俺の怒りはおさまらない、しかし捌いても捌いても先が見えないこの9面戦争、まさにミッドウェー以後の大東亜戦争じゃねえか。歴史は繰り返すとよく言われるが、その通りになるなら俺は討ち死に!いや犬死にか!? 
今俺の脳裏には、さだまさしの「防人の唄」がリピートされている。 こうなったら最後の奥義!他力本願神頼みしかないな…この奥義今まで成功した試しがないのだか…。 
まぁ最後は、開き直って逆ギレしかないか!!  
皆様よい終末を、from wakayama with love!
 

賃金なき戦い R

マイノリティー戦国時代

パート1

梅雨もまだ明けないのに、異常な暑さだ・・・それだけで脳みそと体が分離しそうになる。

夕立でも降ってくれるなら、喫茶店で上質なJAZZでも聴きながら苦みばしったキリマンジャロを味わいながら少しは心地よい夜を楽しめるものなのだが、そうは思い通りにはならないらしい。

ただでさえ暑苦しい風貌のおれが滝のような汗を流しているのを見ると、気温の暑さ・風貌・デブの大汗、ヘレン・ケラーも真っ青の三重苦のできあがりだ。

だからこの季節俺は仕事帰りは、一度家に戻り冷水シャワーを全身に浴びてしっかりと体を冷却してから街に繰り出すようにしているのだ、まあ男の身だしなみってやつだろう。

先日も同じような度を越した暑い日の夕刻いつものように男の身だしなみを整えた俺は、飲み屋を目指して街の中心地に向かっていた。

パート2

中心部に行き着くには大通りを2つほど越えなけりゃならないのだがここ近年アジアからの旅行者があまりに多すぎて困惑しているのだが、多いのは構わない30年前の日本人も同じようなものだったと想像は容易につくからだ、しかし奴らのマナーの悪さには辟易する。そんな中、大通の一つの信号待ちの時だった、白杖を使用した方が点字ブロックを伝って移動されておりそのブロックの上に陣取った外国人家族3組ほど約10名ほどがいた。後数秒後に視覚障害者の方と外国人の一団がぶつかるのが確実だった。一般的な感性の持ち主ならば、気づいた時点でよけるだろう、バカでも接触した時点で謝罪して道を譲るだろう、だがその中にいた小学生低学年くらいのガキを引き連れたデブの母親らしき女があまりにも鬼畜だったのだ。

パート3

俺の推測どおり、視覚障害者の方は外国人の一団の小学生と接触した。いや実際には杖が子供に軽く当たる程度だったのだがその母親は鬼の形相で障害者の方につかみかかったのだ、子供はいたって平気な顔をしていたのだが・・・突然の衝撃に体のバランスを崩す障害者の方だったが、その近くにいたサラリーマンの2人組みがとっさに体を支え大事には至らなかったのだが、まさかの方向に戦局は動いた!鬼子母人の追撃は続いたのだった・・・

パート4

鬼子母人は彼らの母国語で罵倒するような大声をあげて再度諸手突きをくりだした

国道沿いと帰宅ラッシュの時間帯ということもありそれなりの人がいたのだが、あまりの光景に外国人の一団もその他大勢の観衆も完全に呑まれており何も出来なかった。

再び襲われた障害者の為に体を支えているサラーリマンAをかばうようにサラーリマンBが鬼子母人の前に立ちはだかったのだ、彼は鬼子母人に胸を押されたが耐え忍び仲間と障害者の楯となったその態度にさらにヒートアップした鬼子母人はさらなる雄叫びをあげ再び攻撃の姿勢を整えた。

パート5

その姿を見ても外国人の一団は鬼子母人を止める様子もなく、動けない様子でもなく事態を収める様子もなく鬼子母人に任せる様子だったので、俺の怒りが沸点に達した、ここでやらねば大和男子の沽券にかかわるからだ!先に述べるが俺はナショナリストだがレイシストではない男女平等には賛成だが、女性に甘くする気は一切無いのだ。

俺は心の中で「我が体既に鉄、我が心既に空なり」と唱え、鬼子母人とサラリーマンの間に割って入ったのだ・・・

パート6

突然の参戦に鬼子母人もサラリーマンもあっけにとられていたが俺がサラリーマンに「ここは俺が相手するから、あなたたちはその人を連れて行ってやってくれ」と伝えるとBが「すいません、助かりました。」と言いその場を離脱した。

そこに納得しかねた鬼子母人が俺を敵と認定したのだろう、踊りかかってきたのだ、

大振りのビンタを俺の顔面に見舞ってきた、それをブロックし鬼子母人の頭に張り手を喰らわしてやった、すると奴はまさか自分が攻撃されるとは思っていなかったようで突然訳の分からない大声でヒステリックに叫び膝から崩れ落ちた。

固唾を呑んで見守る観衆、さらにあっけにとられる外国人達を尻目に俺は一言言い放ってやった「神州日本に来て狼藉を働くとは不埒な奴め、貴様の国では通るかも知れんが日本では破廉恥なことはするな、愚か者めが。」

パート7

まさかの暴力からの暴言に観衆は英雄ではなく無頼漢を見る眼になり足早にその場を離れていった、だが人の評価など一向に気にしない俺の流儀を貫いただけだ。

時間にして3分ほどの事だったが、1時間位に感じたその怒りと疲れを癒すため場末の飲み屋へ急行した。

FIN

グロい三連星、阪神電車に現る 正義の鉄槌 後編

パート1
 アル中が涙を浮かべて乾坤一擲の一言「お前!訴えてやるからな!!」と馬鹿丸出しの捨て台詞を繰り出してきた!すかさず「訴えてやるって上島竜平か?アホが、アル中みたいな面しやがって脳みそは、ゾウリムシ並か?ちなみに誰が誰をどこにどうやって何を訴える?」と、ものすごく馬鹿にした態度ネットリと言ってやると、まさかのまさかアル中が泣きだした…リアルにピカソの絵みたいで吹き出してしまった。さすがにヤリすぎたかなぁと思ったがサブローと角行パンダに勢いづかれてはヤバいので「おのれらの愚行を棚にあげ、さらに絡んできて暴力を振るおうとしたんはこのエテコやろ!?しかもそこの将棋の駒に至っては地べたに座って大声で電話とかするんやろが、喋る将棋の駒とか未来のオモチャか?さらにお前もさっき、老人に失礼な事言ってやないか!それも十分迷惑防止条例名誉毀損、さらに脅迫も付くってしらんやろが?だいたいピンクの電話みたいな声出しやがってガスばっかり吸ってるから頭もおかしいんやろが泣いたら泣いたでピカソの絵みたいになってるし、お前等どこのチンドン屋じゃ?お前等みたいなアホがイタリア語とか言ってローマ字書いたりするんやろが」とまたまたニヤニヤと馬鹿にしてやると、3バカはうなだれていた、老人達もクスクスと笑っていた。 
パート2 
そのうちに俺の目的地に到着したので老人達にお詫びをのべ最後にサブローに「お前はダンスのセンスはないけど北島サブローのモノマネを頑張れ」と激励してやった。 あまりスッキリとはしなかった、やはり変な奴らと関わると疲れる、それにしても阪神沿線には変な奴との遭遇率が高いと感じるu のは俺の思い過ごしか? 春になると変な奴らが湧いてくるが、それにしても多すぎる。右を向いても左を見てもバカばっかりで「泣けるぜ」 (完)

 

グーニーズ(吹替版)

グーニーズ(吹替版)

 

 

 

グロい三連星、阪神電車に現る 正義の鉄槌 中篇2

 
パート1
宣戦布告を受けた俺は手に持っていたゴルゴ13の角でサブローの鼻を素早くひっぱたいた!「ウグッと」いう呻き声を上げるサブローを見据えながら俺は立ち上がってサブローに近づいて行った。まさかの反撃にサブローは完全に戦意喪失気味だったが、アル中の檄で再度闘志を蘇らしかけたがサブローの足を踏みながらドアに押し付けてサブローを牽制しながらアル中に一言「どこから声出してんねん、コントのアル中みたいな面しやがって松竹新喜劇か!プリキュアみたいな服着やがって冗談は声と顔だけにしとけ」と言ってやった。
パート2すると凍りついていた車内から「グフッグフッ」と下品な笑い声が 聞こえてさらに「兄さん、そんなホンマの事言ったら可哀相やで」と笑いながら老人達がまさかの参戦してきた!するとアル中がショックだったのだろう老人相手に「老いぼれは黙っとけ」と例の声で暴言を吐いたが俺が「ガス吸って喋んな」と静かに一喝すると黙ったが、暴言をうけた老人達がヒートアップしだした。アル中の相手は老人達に任せて俺はサブローを相手に定め一言「下手くそなダンス踊りやがって気分はEXILEか?お前は演歌でも歌って演歌の花道でも目指したらんかい」と言ってやると「オッサン離さんか」と強がってきたのでグッと足をさらに強く踏んでやった!「猿が生意気に人間様の言葉喋るな!どうせお前等みたいなアホは九九88とか言うんやろが」と半笑いで言ってやるとまさの角行パンダがここで火を噴いた!「ウチらが一体何をした」みたい事を言ってきたので「お前等が何をしようが知ったこっちないけどアホな事しててバカにして笑ったら絡んできたんがこの北島サブローやろが(サブローの頭をひっぱたいた)そんな簡単な事もわからんのか将棋の駒みたいな面にパンダみたいな化粧しやがって髪型もテリー・ゴディみたいな髪しやがって人間魚雷かい!」とニヤニヤしながら言うとショックだったのか角行パンダは涙を浮かべていた。 
パート3 
俺がサブローサブローと言っていると老人達が「サブちゃんに失礼やで」とニヤリと言ってきたので俺もニヤリとかえしておいた、これで一件落着かと思っているとアル中が最後の反撃に出てきた!To Be Continued
 

グロい三連星、阪神電車に現る 正義の鉄槌 中篇

パート1 
 ニヤニヤしながら近づいていった俺は、奴らの顔を見た瞬間に失礼とは思ったが爆笑してしまった。なぜなら真っ白なジャージを着た金髪の北島サブローにパンダメイクの将棋の駒面しかもピンクのジャージ髪型は故テリー・ゴディ もひとつおまけにアル中メイクのデブがキャリーぱみゅぱみゅ系のファッションモンスター! どこのチンドン屋かと思った!さらに角行パンダとアル中は席が空いてるのに地べたに座っていた! サブローはなんと踊っていたからだ!!!!? 目を疑った!しかもダンスともいえない盆踊りを劣化させたようなタコ踊りだった!多分サブロー本人はEXILEにもなったつもりだったのだがダンスセンスもルックスも大変残念だったのだ。白眼視の他の乗客をまるで見えないというような我が道の行きっぷりに呆れを通り越して感動すら覚えた! そして俺は奴らから1メートルあたり離れた席に陣取った。 

 

これが聴きたい! 北島三郎

これが聴きたい! 北島三郎

 

 

パート2  
 とりあえずゴルゴ13を読みながら奴らの様子を窺っていたら角行パンダが携帯で大声で通話をはじめた!奴らのあまりの愚行にニヤニヤしながら含み笑いをしながら観察していると アル中が俺の笑いに気づき何か言ってたが「ピンクの電話のヨッチャン」もしくは「安田大サーカスの黒ちゃん」みたいなメチャクチャ高いアニメ声でよくリスニングできなかったのと、まさかの飛び道具にまたまた爆笑してしまった。そこで初めてサブローと角行パンダが俺の意図に気付いたのだろう!にわかに緊張した空気になってきたが、こちらは最初からバカにするつもりで近づいているのでさらに指をさして笑ってやった! 
パート3 
女連れの手前引けなかったのだろう、サブローが睨んできたので近くの乗客に聞こえる程度で「猿に目を合わせると暴れるので危険ですよ」と 言ってやると、角行パンダもサブローの事を猿面だと認識していたのだろうクスッと笑ってしまった!するとアル中が角行パンダに突っかかっていき「何がおかしいねん」みたいな事を言ったのでアル中がサブローの女で角行パンダはアル中の友人であろうと予想できたのだ… サブローはもはや退くに退けなくなったのだろう。俺を睨みつけながら寄ってきて「さっきから何じゃオッサン何か文句あるならかかって来んかい」と宣戦布告をしてきた

 

 

季節外れの歌合戦西成スナック代理戦争VSワシVS女子会死闘篇 第二夜

朝目覚めるとヒドい二日酔いだった、しかし現場には行かねばならない、サボリたかったが、根が真面目で品行方正で通っている俺にはそれは、無理な話だった。 今日1日耐え忍げば明日は祝日で休みだったので、ボロボロの体を騙し々し乗り切った。その日は直帰し自分への褒美の為に あほ定食を食べて帰って泥の様に眠る予定だった…。そう、すべては順調なはずだった…あの連絡が入るまでは。 
 連絡の内容は、今飲み屋で盛り上がってるから参戦せよ、との事で、そんな挑戦的に誘われると俺に流れるMの血と「いつ、何時誰の挑戦でも受ける」と言ったアントニオ猪木の名言 が俺の頭から後退のネジを外してしまった! そう、その挑戦から仕組まれていたのだ!指定された場所に行くと相手はすでに出来上がっていた(まるで巌流島決戦の時のマサ斉藤のようだった)とりあえず駆け付け三杯をアオった時に相手から宣戦布告を高らかに告げられた!「今から女子会のカラオケに参加せよ、場所は抑えてある!!なお拒否は認めない!」一方的だった。誰がこんな展開を予想出来たであろう!ルールはアニソンと80年代アイドルソング縛り!これはまさにデスマッチに違いなかった! 前日の後遺症(完全無欠のオカマバーのチーママ状態)満身創痍の俺は、土俵の鬼 貴乃花ならぬカラオケに鬼の形相で挑まねばならぬのだ!なぜなら相手は三人のアマゾネス、今年度最後の修羅場を迎え 俺は悲壮な覚悟の上 太ももの付け根にある一瞬の生をよみがえらす活殺孔を突く決意をした…一瞬の生の後には死(重度の二日酔い)しかない、だが飲み屋に行く時に死は覚悟していた。生きて虜囚の辱めを受けず、俺もまた健男児であり國士!ならば誇りと共に!活殺孔の為、三人の

 

アマゾネス・プリズン [DVD]

アマゾネス・プリズン [DVD]

 

 アマゾネス

と壮絶な死闘の果て(ただのカラオケ女子会)に誇りと共に散った! 
結局せっかくの貴重な休みを、一日中寝て過ごしてしまった! しばらくは、大人しく生活しようと思ったが、そうは問屋が卸さない! 新たなる強敵との戦いが迫っていた。To Be Continued

グロい三連星、阪神電車に現る 正義の鉄槌 前篇

 
(閲覧注意・胸糞暴力表現あり)
パート1 本日の雲一つもない青空に、爽やかな風。大型連休、しかも給料日直前で街を行く人々の足どりはどこかしらウキウキしているように感じられた。 だがそんな状況とは反対に俺はムカムカしていた、感情とは別に胃がムカムカしていた、そう飲み過ぎによる胃もタレだ! 俺は二日酔いの特効薬としてクラッカーに6Pチーズに 適量のタバスコをかけたのを一つと野菜ジュースに少量のブラックペッパーをかけたモノを一気に口に流し込むのだ! 医学的根拠など全くないが一種の信仰のようなものだ、男も30半ばになるとそうと信じるモノが一つ位あっても良いと思う。  先程の特効薬を現場近くのスーパー玉出で買い求め、一気に口に流し込んだ。少しは二日酔いに効いた気がした。 その後現場でゼネコンの監督と工程の打ち合わせを終えて、俺は神戸に向かう事にした。 
パート2 
近鉄なんば駅より阪神電車快速急行三宮行きに乗り込み青木駅を目指していた
車内は時間帯もあるのだろうが随分と空いていた、老人達がちらほら、幼子連れの母親、サラリーマンなどで俺は着座しゴルゴ13を読んでいた、電車が九条を過ぎた頃車内がザワザワしだした!まるでカイジみたいだった。皆の視線を追うと隣の車内だった。 
パート3
金髪の猿顔(以後サブロー)と将棋の駒の輪郭と凄まじい化粧で目のフチが真っ黒な故テリー・ゴディみたいな髪型(以後角行パンダ)チークを塗りすぎてコントのアル中みたいになっている出会い系なら自称「キャリーぱみゅぱみゅ」とか 抜かしそうな勘違いファッションモンスター見た目は特に似た人物がいないデブ(以後アル中)のグロい三連星が隣の車両でとんでもない事をしでかしていた。   単体ならドルジ親子・塚地ババァには適わないかも知れないが三人連れでしかもジェットストリームアタックを仕掛けてくるかも知れない!  電車が尼崎に到着し特急の待ち合わせのためしばらく停車するのにあわせ奴らの動向を探った。 
奴らは特急に乗り換える気はないようだ、しかし老人達や子連れも乗り換えないもよう。 
それを確認した俺は香ばしい展開を期待しつつニヤニヤしながら隣の車両にホームから乗り込み、奴らに近づいていった。 
To Be Continued

 

HGUC 1/144 MS-09 ドム 黒い三連星トリプルドムセット (機動戦士ガンダム)

HGUC 1/144 MS-09 ドム 黒い三連星トリプルドムセット (機動戦士ガンダム)

 

 

 
http://blog.with2.net/ping.php/1839577/1463048961